売れすぎて出荷中止になった「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」が美味い

売れすぎて出荷中止になった「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」が美味い

人気過ぎて「一時出荷停止」になってしまった「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」。泡が自然発泡することで、正に生ジョッキの感覚で飲むことができます。

今回「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」を入手することができたので、その魅力とレビューをご紹介します。

 

アサヒスーパードライ生ジョッキ缶について

売れすぎて販売中止に

2021年4月20日(4月6日コンビニ先行販売)に全国販売された「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」。蓋を開けることで泡が自然発泡し、正に生ジョッキの感覚で飲むことができます

発売当初から反響は非常に大きく、あまりの人気に供給が追いつかず販売後の約1日後に「一時販売停止」の事態になる程です。

朝日のツイート

 

再販はいつ?

とにかく反響が多かったアサヒビール生ジョッキ缶ですが、次回の再販は6月中旬以降とのこと。更にこの再販についても、数量限定とのことです。

生産ラインも限られていると思うので、中々大量の生産が難しいのでしょうね。

 

泡が出る仕組み(内側に特殊な凹凸塗料)

ビールには炭酸ガスが溶け込んでいます。炭酸ガスは圧力が高いほど液体に溶け込みやすい性質があります。蓋を開けることで圧力が解放されるようになります。

更に、缶の内側には特殊な塗料が塗られており、その塗料が細かいクレーター上の凹凸を作っているそうです。蓋を開けて圧力を解放した際に、この凹凸がアシストすることにより泡が発生する仕組みになっているそうです。

ちなみに、生ジョッキ缶のツイートなどをみると「泡が出ない or 出すぎる」など書き込みがあります。炭酸ガスは温度が高いほど液体に溶け込みやすい性質があります。なので、冷やし過ぎると泡があまり出ず、暖かいと泡が出過ぎるようです。

 

いざ実飲

たまたま近くのスーパーで取り扱っていたので、私も購入することができました(その時点で残りは3本)。

恐らくもう一時手に入らないんだろうな。

 

泡がきめ細かくて美味い

泡が自然発泡してくる様には、素直に「凄い」という感想。

ちなみに、私は泡を溢れさせてしまいました(笑

早く飲みたすぎて、十分に冷やしていなかったことが原因だと思います(しっかり冷やしたもう一本は泡が溢れることはありませんでした)。

お店でジョッキで飲むのと遜色ないきめ細かいクリーミーさで、個人的には非常に満足です。

 

正に生ジョッキ

飲み口が広くて思っていた以上に飲みやすいです。泡関係なしにしても「全ての缶飲料がこの形になっても良いのでは?」という感想すら思うほどです。

一々コップに注がずに飲むことができるので、洗い物が減るのも嬉しいですね。

飲み口はかなり広めです。

やっぱりスーパードライ

スーパードライ派の私としては、大満足な一品でした。むしろ最近はメタボを気にして糖質オフ系の発泡酒を飲んでいたので、「スーパードライってこんなに美味かったけ」と美味しさを再認識する機会になりました。

アサヒビール様、是非定番商品として今後も販売を続けて頂くことを希望します。