「-196℃ the・まるごとレモン」新発売のまるごとシリーズ飲み比べ

「-196℃ the・まるごとレモン」新発売のまるごとシリーズ飲み比べ

2021年3月30日に発売された「-196℃ the・まるごとシリーズ」。サントリー様の独自製法により果実の美味しさがぎゅっと詰まった商品です。

同時に発売されたまるごとシリーズ4種を飲み比べてみたので、商品の魅力を含めご紹介します。

・まるごとレモン
・まるごとグレープフルーツ
・まるごとみかん
・まるごとパイナップル(4月27日より限定販売)

 

-196℃ the・まるごとシリーズの魅力

 

大人気ストロングゼロと同じ製法

小池栄子さんと瑛太さんが演じるシーエムでお馴染みな「-196℃ the・まるごとシリーズ」。サントリー様独自の-196℃製法はストロングゼロでも使用されています。

この独自の製法により、果実の美味しさ・香りがぎゅっと詰まった商品となっています。糖類ゼロで、スッキリ甘くない飲み口が特徴です。

 

-196℃ the・まるごとシリーズ飲み比べ

まるごとレモン

果実まるごとと言う通り、非常にレモンの味が強めです。同じサントリー様の「こだわり酒場のレモンサワー」と比較してもレモンは強めでした。ただ、強めのレモンの味ですが、後を引くことなくスッキリと飲める印象です。

糖類ゼロということで、甘味が抑えられていることもあり、アルコールの味もしっかり感じられます。レモンサワーのヘビーユーザーにはたまらない一品。ただ、お酒ビギナーの方には少し飲み辛いかも知れません。

 

まるごとグレープフルーツ

 

こちらも、かなりグレープフルーツの味がしっかりしています。まるごとレモン同様に、スッキリと飲みやすい感じでした。

甘みがなく、おつまみとの晩酌を楽しみたい方には凄く良いと思います。こちらもアルコール感は強めなのでお酒ビギナーには少し飲みにくいかも。

 

まるごとみかん

みかん味の酎ハイは割と少ない中、これだけみかん果汁を感じられるのはありがたい。

糖類ゼロということでですが、口当たりはみかんの甘みが感じられるので、まるごとレモン・グループフルーツと比較しても飲みやすい印象でした。

筆者個人的には4種の中で一番お気に入りで、是非一度飲んでみて欲しい一品です。

 

まるごとパイナップル

こちらは4月27日より限定販売された商品になります。このシリーズの中でも一番果汁が感じられたように思います。ジュシーなパイナップルの美味しさが余すことなく感じられる商品でした。

パイナップルの甘味が強めなので、お酒ビギナーの方にも飲みやすいので是非お試しください。